2006年11月27日

鹿児島知覧へ・・・最終

KGOGの会員の方
12/3の件でお知らせ事項があります
会員の方は見に行ってね
パスワード忘れた方は5役まで御連絡下さい。




下り龍になってます
↓↓↓
押してね


にほんブログ村・ 犬ブログへ



鹿児島旅行 もう少しおつきあい下さい。
いよいよ鹿児島最終です

鹿児島市内へと入るインターの出口で渋滞
普段の日だから会社帰りの人達がいるから仕方ないか
私も助手席で少しネムネム状態
運転は主人です 寝てはいけないと必死で
がんばっとったんですがやはり睡魔には勝てなかった

そのうち市内に入りもう一人の人とお喋り
(車は2台3人ずつ乗ってます)
お宿は鹿児島市内中心地
天文館通りのビジネスホテル
思ってたより綺麗なところでした
ホテルと隣接 もちホテルの中からも行ける
24時間営業のコンビにありです

とりあえず夕食は外で。。。
適当な居酒屋風のお店に入る

06.11.16_4191s.jpg

先ずは1日運転手さんにご苦労さんの意味で
(^^)/ロ≧☆チン!≦ロ\(^^)かんぱ〜い
それぞれにいろんな料理注文
いろいろなものをみんなで食べてどれも美味しかったね
06.11.16_4178w.jpg

部屋に帰ると女性軍は近くの銭湯へ
ホテルから歩いて15分ぐらいの所にありました
ここがまたレトロで。。。
お釜型ドライヤーあり初代の頃のあんま機がありで。。。
なんとあんま機30円ですよ ビックリぃ〜)'0'(
迷わず肩モミモミしました
おかげで翌朝はモミ返しがあり余計に痛かったふらふら
心地よい風に当たりながらホテルへ戻り
また部屋で食べや飲みや&おしゃべり
でも私のめんめが。。。眠い(睡眠)眠い(睡眠)
みんなの声が時折遠のいていきます
11時過ぎには部屋に戻りそのままバタンキュー眠い(睡眠)眠い(睡眠)眠い(睡眠)
夜中2時過ぎ暑さで目覚め そこから眠られず
薄暗いベッドの灯を頼りに携帯からブログあげました

翌朝9時頃ホテル出発
モーニングするために出たのですが
鹿児島には喫茶店がない ホントですよ
モーニング出来るような喫茶店がないんです
行程を教えてくれた人に電話する
するとその人も
『おかあちゃん 鹿児島ってモーニングなんて
しゃれたことでけへんでぇ〜』
と言われた
それならはじめから言っといて下さいよパンチパンチ
仕方なく高速のサービスエリアで取ることにした

朝食すませたところで先ずは『まほろばの里』へ
ここに来たらホタパパさんがいっぱいいました

いゃ〜んこんな所でお会いできるなんて〜
ホタパパ親族のみなさ〜ん おはよう〜グッド(上向き矢印)るんるん
06.11.17_4206.jpg

みんなでホタパパさがせ!!(ウォーリーを探せ版)
え〜と。。。(´ε`;))``。。キョロ(;°°)ゞキョロ
どれがホタパパさん?いたぁ〜ひらめき これかな?
06.11.17_4210.jpg
おはよう〜グッド(上向き矢印) ご機嫌いかが?
もしかしてホタパパさんパンチパンチ怒ってる?スミマセンダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

まほろばの里へ行く途中でこんなのを見ました
06.11.17_4240.jpg

トトロだよ ト・ト・ロ

ネコバス〜
06.11.17_4243.jpg



そこからはいい気分(温泉)温泉に入ろうと言うことで
ラムネ温泉に行ってきました
霧島牧園道路 国道2235号
思わず見落としてしまいそうな所に看板が
そこを曲がって奥の細道を行くと100mほど行く

山間の静かな温泉郷仙寿の里温泉です。
ここは所ジョージさんの
「全国ミステリーツアー」でも紹介されたそうです。
なるほど〜って感じの所ですよ

ログハウスなどの離れが点在する
キャンプ場のような損設で宿泊も出来ます。

【ラムネ温泉】と書かれていたのでもしかしたら体に
プチプチと泡が付くお湯かと思っていたのですが
残念ながらそのような泡付きの湯ではなかった。
私達が入った方には露天風呂がありました
06.11.17_4249.jpg
借り切りでした おばさまモデル有り難うございました。
ギャラございません 
反対にこちらが見て頂いた方にお支払いしなければ。。。ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

露天風呂は一つしかないため
日によって男風呂と女風呂と入れ変わるらしいです

外には飲泉所があります 
我がグループの最年長のY母さんが飲んでみた
その人は『ちょっとだけ甘味があるで〜』とコメント
飲んでみると?(・_。)?(。_・)? って感じでした

このドアを開けたらすぐ暖簾

06.11.17furo.jpg

その向こうにはもうお風呂が見えるんです
そう 脱衣場とお風呂とのしきりがない一体型です。
これもビックリでしたね。
貴重品は脱衣かごごと誰かが持って露天風呂まで移動
ラムネ温泉の詳しいことはこちら
載っていますので見てくださいね

ここでも埼玉のご夫婦に笑われるほど私達の
ボケボホ会話がありましたね。
その中心人物はあなた。。。Y母さんですよ。

温泉を出た頃にはお昼もまわりそろそろ
鹿児島空港へと戻らなければ。。。
焼酎工場見学で試飲もしたいので
旦那様方は先にレンタカーを返してきて貰いました
ここまでくるのにレンタカーの所から15分ほど歩いたそうです
お疲れさまでした パパ様達
これで心おきなく試飲できるね。

この鹿児島空港の近くにあるバレル・バレー 

06.11.17_4291.jpg

チェコのプラハの街並みをイメージしたテーマパーク。
ここはチェコの地ビールやおもちゃ・ボヘミアングラス等
他にも珍しい物がたくさんありました。

その隣には高さ24mの一升瓶が目印
06.11.17_4291.jpg


その中では焼酎工場の見学やオリジナル焼酎の試飲ができます。
お土産に1本買って帰りました。

06.11.17_4295.jpg

今回はわんこ友達と違って中学・高校時代の父母との旅行
年1回の忘年会 来年も時間気にせずみんなで飲みたいね


帰り間際に私・・・天ボケ勃発
帰りの飛行機の出発時間1時間もまちがってしまいました。
おかげで1時間待ちぼうけでスミマセンでした。
空港のコンセント借りて携帯電話の充電したのは私くらいなもんでしょうか。
たった2日間でしたがいろいろあったねぇ〜
やはり珍道中?
今回もY母さん いつもながら面白い
誰がその荷物持つの?って言うくらいいっぱい買ってたね
それは。。。だよ 知覧で買ったでしょ!それも4s 
誰が持つんですかぁ〜。。。って
結局本人じゃなく私達誰かが持ってたね
覚えてますか?Y母さん
飛行機に乗る時私が主人に『これ持っていってね』って言ったら
なんて言ったかなぁ〜
『あんた 何にも持たんとなに偉そうに旦那に言ってんの』って
叱ったよね そのあとすぐにあなたの荷物持ってあげたら
即 態度が変わりましたね
そう!あなたの荷物持つために主人に頼んだんですよ(◎`ε´◎)
あれにはみんな大爆笑しました
一番笑ってたのはあなたでしたね。Y母さん
お土産は自分が持てる範囲内で買いましょうね
はやはり送りましょう 宅急便で。。。

この人がいるから楽しい旅もできたのと言っても過言ではない
いつも周りを楽しませてくれる そんな人です。

今回も笑いあり食い気あり飲んべえありで
とにかく気を使わない仲間っていいですね
今回お泊まりは初めての試みで私が手配などしましたが
ホントに行き届かなくてスミマセンでした。

みんな『来年も行こうね』って言ってくれて嬉しいです。
来年ははどこですか?また計画立てましょうね。



ランキング参加中

上り龍にしてください
にほんブログ村・ 犬ブログへ





ニックネーム サラセナママ at 21:34| Comment(4) | TrackBack(1) | 鹿児島旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

鹿児島知覧へ・・・その2


↓↓↓

にほんブログ村・ 犬ブログへ



さてと先日の鹿児島旅行知覧への続きを書きましょうね
あまり長く放っておくと忘れてしまいそうです
嫌々半分忘れかけている
一緒に参加した友も続きはまだかと。。。

昼食をすませたあとホントの目的
これが是非見たかったとの要望でここに来たのだ
知覧特攻平和会館
この特攻平和会館は大東亜戦争末期
(戦後は太平洋戦争ともいう)、
沖縄決戦において特攻という人類史上類のない作戦で、
爆弾搭載の飛行機もろとも肉弾となり、
一機一艦の突撃を敢行した多くの特攻隊員の
遺品や関係資料を展示しています
以上は パンフレットより抜粋


平和公園入り口には桜の木が
そして石灯籠が。。。
これは知覧町の中心部にある薩南工高から平和公園までの
道の両端には1036(亡くなった特攻隊員の数)
の献石灯篭があります。

06.11.16.00073.jpg
春になると見事な桜街道になるんでしょうね

中にはいるとまず目に付くのは
正面に展示されている戦闘機「飛燕
日本陸軍の名機とうたわれた三式戦闘機
当時日本唯一の液冷式の新鋭機だと説明されていました。

このほかにも戦闘機「疾風」「零戦」も展示されていた

ここには1,036柱の若き特攻隊員の遺影が
出撃戦死した月日順に掲示されている。
その下には家族・知人に残した遺書・手紙・辞世・絶筆等を
展示してある。

これを読んで3通目ぐらいから主人も私も
もう目に熱いものがこみ上げてきた
一番若い子で17歳 そんな子がホントに綺麗な字で
しっかりと遺書が書かれているのです
どれを読んでもお母さんからはじまっているのです
あとで視聴覚室の館長さんが
隊員の最後の手紙についての説明が。。。
人は死に直面すると最後の言葉は
「お母さん」になると説明していた。
これは自分を生んでくれたことに感謝する気持ち
そして先立つ事のお詫び 
そして最後には立派にお国のために戦ってきますので
悲しまないでください。。。と
言うような内容のものが多かった。
私達は携帯用のガイド音声機を持って
イヤホンで聴きながら見て回った

DVC00082.JPG

中でも印象に残ったこの写真
パンフから撮ったので見にくいかもね

06.11.16.00092.jpg

視聴覚室で聞いたこの時の説明は
出撃する前に近くにいた寂しげな目をした
子犬を抱いて撮ったらしてとのこと
このあと肉弾となって戦闘機に乗り
若い命は南へ散っていったとのことです

我が息子が。。。その友達が。。。と
だぶってしまいました。

この中の遺書など全部読んでたら
とても1日では足りませんね。

ここで忘れてはならないのがもう一つ
特攻隊員達のお母さん代わりとなって
面倒を見てきた『鳥浜トメさん』です
こちらも説明すると長くなりますので
HPでご覧下さい

そして今もこの「富屋食堂」は「富屋旅館」として
当時の姿を変えないで営業されているようです
もっと早くこのことを知っていたなら
きっと私達もここに泊まったかも〜

館内を出て外にある三角屋根の兵舎を見に行った

06.11.16.00083.jpg

此処で出撃前まで待機したらしい

06.11.16.000673.jpg

06.11.16.00084.jpg

会館の外には特攻勇士の像【とこしえに】が建っていました

06.11.16_4716.jpg

この像の斜め後ろに母親らしい女性が遠くから見守る姿で
銅像になっている。こちらは「やすらかに」とか言う像で
一対の対象として展示してあるとか。この母親らしき像は
富屋食堂のお母さん(鳥浜トメさん)とも言われているらしい。
06.11.16_4713.jpg


こんな記念碑もありました
2001年夏の「ホタル」という映画の
ロケ地にもなったためその記念碑がありました

06.11.16.00078.jpg

これは、ある特攻隊員がお世話になった
富屋食堂のおばさん(鳥浜トメさん)に明日出発します
「夜はホタルになって帰ってくるので
戸を開けておいて下さい。」と頼んでいったそうである。
そしてその通りにその晩約束した時間にホタルが飛んできた。
あの攻隊員が亡くなってホタルに姿を変えて
お母さんの所に帰ってきたのです。
そのホタルを囲んでみんなが「同期の桜」を歌ったと言われている
これはテレビでもやっていたのを覚えていました。


そのあと車に乗り開聞岳目指して走らせた

06.11.16_4161.jpg

特攻隊員達はあの開聞目指して飛んで行ったんです。
この開聞岳は別名「薩摩富士」とも呼ばれています
知覧基地を出た特攻機は開聞岳を旋回してから
沖縄の戦線へ向かったと言われてます

特攻花 黄色くて菊科の仲間らしい
06.11.16hana.jpg

特攻隊員たちが開聞岳の山麓に撒いていったという
悲しい特攻花。。。
いつしかこう呼ばれるようになった
この話は現在も語り継がれているそうです。


ホントに自分の息子と同じ年頃の子がどんな気持ちで
飛んでいったのだろうと思うと胸が締め付けられます。

あの時代に生きてなくてよかったと思えばいいのだろうか
とても複雑な気持ちです。

高校生らしき男の子のグループが見に来ていた
その子達も真剣そのもの 中には目に涙が
この子達はまともなお子さんだと思った
こういう子達みたいな気持ちを持った子供が
最近の世の中少なすぎます
犯罪を起こす年齢もどんどん低年齢化してきてます。
中高生や二十歳前後の人達に是非見てもらいたいですね。
自分たちと同じ年代の子がどんな時代を生きてきたかと
言うことをそして命の尊さ 親のありがたさと言うものを
もう一度考え直して欲しいと痛感しました
今のあれた世の中にあの特攻隊員達の様な
子供がいてたらどう感じたでしょうね。

そんな気持ちを胸に納め開聞岳通り過ぎ
イッシーで有名な池田湖を通り
そこのおおうなぎをみてきました
ほんとにデカかった 蒲焼きにしたら
鰻重何杯ぐらいになるのだろうかと考えてしまった

そして鹿児島市内のお宿へと向かいました

この続きはまた後日ね


ランキング参加中

にほんブログ村・ 犬ブログへ



ニックネーム サラセナママ at 14:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 鹿児島旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

鹿児島知覧へ・・・その1


セナの切なるお願い事聞いて!
セナのお顔を

にほんブログ村・ 犬ブログへ




11/16.17の2日間

息子の高校の時の野球部の親たち6人で

鹿児島の知覧に行って来ました

卒業してからもこのメンバーで

ずっと年に1回の忘年会は

楽しみで欠かさずにしてきた

毎年忘年会の時期になると

1人親から連絡が入る

私は息子が高校の時の野球部の会長してたが

未だに引き継いでいる なぜ?

もうお役目は終わったはずなのに

この時期になると

【おい!おかん!そろそろ忘年会やで】と連絡が入る

たまには泊まりで帰る時間なんか

気にしないでやろうよ。。。と

いう話が持ち上がった

それもいいねぇ〜 気心の知れた人たち

直ぐに賛成〜と手が挙がる

その話が決まったのは2年前

昨年は誰が決めるともなく話は流れて

タダの忘年会に

今年の1月に今度こそは実現を。。。

結局1人のご主人が

知覧行ったけどええでぇ〜という話に

そしたらそこにしょうとみんな賛同

夏過ぎるあたりから

あの話どうなった?と連絡が。。。

中にはまた流れたのかと思った人がいた

私も何をどうしていいか分からず

行った人の説明を聞き結局私が

切符の手配宿泊所の手配など

全部する羽目に。。。

いろいろあったがいよいよ出発

16日朝5時過ぎ家を出る

この時間帯は私はもう散歩していますので

別に苦にはならないですよ。

06.11.16_4096.jpg

主人前を歩いております

バスもタクシーもなし 

帰り息子が迎えに来てくれるので

チャリでは行けず歩いてリムジン乗り場まで

歩いても30分足らずだけどね

私達は15分前 他の人は時間ギリギリあせあせ(飛び散る汗)

飛行機機内も真ん中の席のスクリーンの近く

06.11.16_4100.jpg

窓際じゃないがまっいいっかぁ〜

座席の手続きも私が〜もうやだ〜(悲しい顔)。。。

6人だから真ん中の3人席2列

朝一の鹿児島行き飛行機に乗り9時過ぎには到着

お天気にも恵まれレンタカーで目的地に

道もガラガラに空いていた

行った人からどこがいいかという

行程表を頼りに行ってきました。

車(RV)レンタカー借り目指すは知覧へ

06.11.16_4113.jpg

先ずは知覧武家屋敷

06.11.16_4116.jpg

06.11.16_4145.jpg

この道の雰囲気はさんごを敷き詰めた

沖縄の竹富島にも似ていると思った

ここは260年余もの歳月を刻み続けた

7つの名園があり母ヶ岳を借景にし
(西郷恵一郎氏邸庭園. 平山克己氏邸庭園.
平山亮一氏邸庭園. 佐多美舟氏邸庭園.
 佐多民子氏邸庭園. 佐多直忠氏邸庭園.
 森重堅氏邸庭園)

町並み全体が箱庭のような趣です。

薩摩の小京都と呼ばれているそうですよ。

06.11.16_4121.jpg

知覧独特の珍しい民家知覧型二ツ家
06.11.16_4129.jpg

06.11.16_4140.JPG

この綺麗な庭を散策しながらも

女性軍はやはり食い気?

06.11.16_4124.jpg

4人で食べるから4等分に切ってくれと

お店の人に要望を出す人が。。。

さすが!!おばちゃん根性だ。

その人のお陰で喧嘩することなく

一種類ずつ食べられましたけどね。

自販機までもが古の趣が。。。

06.11.16gihanki.jpg


庭園見て時計を見ると丁度お昼

美味しいでぇ〜と教えて貰ったお店が

庭園の前にあるのでここで食べることに

そばがなくなり次第閉店。吹上庵そば

06.11.16_4148w.jpg

お昼時なので少しまたされた

その間箸休めのためにあるのか

美味しいつまみが。。。

ご自由ににつられ全部食べてしまった

ここでも浪花根性発揮でおかわりを要求あせあせ(飛び散る汗)
06.11.16.00066.jpg

限定牡蠣天そばを食してきました
06.11.16.00069.jpg

美味しかったですよ〜わーい(嬉しい顔)

06.11.16.00071.jpg

お腹もいっぱいになったところで

今度は知覧特攻平和会館 

ここは涙なしでは見れないところ

このお話は後日に。。。。 




ランキング参加中

にほんブログ村・ 犬ブログへ


ニックネーム サラセナママ at 18:02| Comment(5) | TrackBack(0) | 鹿児島旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

大家族(携帯より)

image/hyk-deburins-2006-11-17T11:50:21-1.JPG

ホタパパさんいっぱいわーい(嬉しい顔)
どれがホタパパさんでしょうか?ダッシュ(走り出すさま)

携帯からアップしました。


セナの切なるお願い事聞いて!
セナのお顔を

にほんブログ村・ 犬ブログへ

ニックネーム サラセナママ at 11:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 鹿児島旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鹿児島だよ(携帯より)

image/hyk-deburins-2006-11-17T02:28:42-1.JPG


鹿児島の開聞岳です
携帯からの投稿なのでわかるかな?

お天気にもめぐまれてます
ニックネーム サラセナママ at 02:28| Comment(3) | TrackBack(0) | 鹿児島旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする